仮想通貨とはなにか

仮想通貨

仮想通貨と聞くと、「怪しい」「ビットコイン」「詐欺」と連想する日本人の方は多いと思います。それがなぜかと考えたときに、仮想通貨がどのような仕組みでできているかイメージできる人が少ないからだと思ったので僕なりに解説していこうと思います。

仮想通貨は、ポイントのようなもの

PAYPAYやLINEPAYを使ったことがある人はたくさんいるとおもいます。PAYPAYは自分のケータイの中にある電子ウォレットに日本円を送金することで使用することができます。

仮想通貨も同じで、日本円を送金することで電子の通貨を購入して使用することができます。

また日本円は、世界の状況や日本の状況によって値段が変わります。仮想通貨も同じで状況によって値段が変わります。2つの違いは、値動きの幅の大きさと法定通貨であるか、ないかという点が大きく違います。

日本円は、日本銀行が発行している日本の基軸通貨です。仮想通貨であるビットコインは、誰かが発行しているわけではなくみんなで発行しているので管理している人がいません。

この違いにより、今は金額があまり左右されないのが管理されている日本円です。仮想通貨は管理されているわけではないので、大きい値幅があります。ここ最近ではビットコイン1枚が約400万円から約600万円まで動きました。

仮想通貨は進化している

上記でも例えがビットコインだったように、仮想通貨のイメージとしてビットコインがよくあげられます。そのせいで、他の仮想通貨の存在が薄れていますが、仮想通貨にはたくさん種類があり、現在では2000以上の仮想通貨があるといわれています。

ただ今の仮想通貨の状況は、すべての仮想通貨で互換性があるわけではなく、PAYPAYに入っているお金はLINEPAYしか使えないお店で使えないのと同じで、決まった場所では決まったコインを持っていないといけません。

その中で最近の仮想通貨を代表するコインとして、ビットコイン、イーサリアム、バイナンス、ポルカドット、ソラナいったコインがあります。これだけ多く、互換性がないといわれるとやりづらいですよね。今仮想通貨のプロジェクトはこの互換性の課題を解決しようと頑張っています。

仮想通貨を持つ意味があるのか

ここまで聞いて仮想通貨めんどくさいと思った方の方が多いと思います。僕もリサーチをしていますが、慣れれば簡単に思えるものですが、初めての方はチンプンカンプンで難しいと思います。

しかもこれだけめんどくさいのに買って「何に使えるの」と思うと思います。これは未来を考える話でもあり、これからの世の中を考える話になります。

具体的な例として、最近ビットコインを法定通貨にした国があります。中南米のエルサルバドルという国がビットコインを法定通貨にしました。日本円がビットコインに代わるようなものです。

なぜ「エルサルバドルがビットコインにしたのか」が気になると思います。

理由として、元からある法定通貨とビットコインを比較してビットコインに変えた方がいいとなった場合変えると思います。エルサルバドルが法定通貨をビットコインに変えた理由はこちらを

米ドルがあるのに新興国がビットコインを法定通貨にする切実な理由(MONEY PLUS) - Yahoo!ニュース
では実際にエルサルバドルの国民はビットコインを通貨として利用するのでしょうか。国内で一般的に流通している米ドルがあるのに、あえてビットコインを選ぶ理由はないように見えます。しかし、エルサルバドルのよ

 

実際にこの決断を下す場合、法定通貨がビットコインより安定していないということになります。日本に住んでいるとそんな国あるのと思う方もいると思いますが、実際に法定通貨が安定しない国は多いです。

https://coinchoice.net/legal-currency-drop-price/

気になる方は↑の記事を読んでみてください。

このように仮想通貨がいろいろな国で使われるようになってきた場合、仮想通貨を持つ意味が出てきます。

さらに現在日本では、仮想通貨で決済できるところが割とあります。これがもっと増えて普段の買い物に使えるようになった場合を考えると、今から持っておいて価値が上がるのを待つのもいいんではないかと僕は思います。  決済ができるところ↓

日本のビットコインが使えるお店(ビットコイン決済対応店舗) | Bitcoin日本語情報サイト

そしてここまで読んで興味を持ってくださった方は、仮想通貨を知るうえで欠かせないブロックチェーンについてどういったものかと解説しようと思うので次回の記事も是非読んでください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました