ブロックチェーンについて、イーサリアム(ETH)ソラナ(SOL)バイナンスコイン(BNB)

現在の主要チェーンと基軸通貨について

 

前回はブロックチェーンについて簡単に解説させていただきました。見ていない方はこちら

ブロックチェーンについて、初心者にもわかりやすく説明
ブロックチェーンとは?? 皆さんよくニュース、SNS等で耳にするブロックチェーン。 なんとなくは知ってるけど完全に理解している人は少ないんじゃないですかね?? 調べてみると、、、一番上に出てくるのが、、、、 ...

 

今回はその続きで、現在の主要な通貨とそのチェーンとこれからの通貨を紹介できたらと思っています。

まず初めに仮想通貨を時価総額順に10位まで紹介します。2021年10月21日時点

1位 Bitcoin ビットコイン(BTC) 現在高値を更新して約750万円

2位 Ethereum イーサリアム(ETH) 約48万円

3位 Binance coin バイナンスコイン(BNB)約5万6千円

4位 Cardano カルダノ(ADA)約250円

5位 Tether テザー(USDT)約114円

6位 Solana ソラナ(SOL)約2万円

7位 XRP リップル(XRP)約130円

8位 Polkadot ポルカドット(DOT)約5千円

9位 Dogecoin ドージコイン(DOGE)約30円

10位 USD Coin ユーエスディコイン (USDC)約114円

これが現在の時価総額10位のコインたちです。

この中から僕が最近の仮想通貨市場を見ていて、これだけ覚えればいいと思うコインを3つほど紹介したいと思います。

説明する前に、コイン(トークン)の特徴を簡単に解説しておきます。

イーサリアム(ETH)のコインを例に挙げると、このETHは、「イーサリアム」というプロジェクトの基軸通貨です。そして独自のイーサリアムチェーンというチェーンを持っています。その下にいろいろなコインが属しています。

そして、イーサリアムチェーンの基軸通貨はETHという事になります。そして現在の仮想通貨はいろいろなチェーンが存在しています。

基軸通貨も同じ数存在していて、それ以外のコインは、基軸通貨を持つ大きなチェーンに属しています。

 

基本的に時価総額が高いコインは基軸通貨である事が多いです。

仮想通貨全体では、基軸通貨は基本的に少なく、ほとんどのコイン(トークン)はどこかの大きい基軸通貨をもつチェーンに属しています。

下の図が、すごーく簡単にした仮想通貨の構図です。ビットコインはスマートコントラクトがないので、この構造とはまた違う構造をしています。

その中でも今回は、よく使われる3つのチェーンとその基軸通貨について解説していきます。

イーサリアム(ETH)、バイナンスコイン(BNB)、ソラナ(SOL)の3つを紹介していきます。

イーサリアムについて(ETH)

1.イーサリアムは時価総額2位

2.初めてスマートコントラクトを実装

3.利用者が多い

 

 

イーサリアムは、現在時価総額2位のコインでコインの価格は約48万円です。

イーサリアムは、最初にスマートコントラクトを実装したチェーンで、今の仮想通貨の流行りを生み出したプロジェクトでもあります。

そんなこともあって、最近の仮想通貨界隈の大体の流行り物はイーサリアムということが多いです。

有名なNFTもイーサリムチェーン上のものは、有名なものだと5000万円や1億円など果てしない値段がつくものもあります。他のチェーンでも高額なNFTはありますが、基本的にイーサリムチェーンに有名なものは集まっています。(NFTを知らない方はググってください)

またブロックチェーンゲームもイーサリアム上の物は最近有名なものも多いので使う人は多いです。

しかし、イーサリアムチェーンを使う上でデメリットがあってそれは手数料が高いという点です。

イーサリアム(ETH)を他のコインに変えるときに、安い時で約1000円、高い時で約15000円の手数料がかかることがあります。

現在イーサリアムは使っている人が多いと、手数料が高くなるという仕組みになっているのでこのようなことが起こります。

なので、5000円しか持っていないときに手数料が5000円だと手数料負けが起こってしまい、これを仮想通貨界隈ではガス負けといいます。(仮想通貨では手数料のことをよくガス代といいます)

ですが、この手数料の仕組みはこれからくるイーサリアムの大型アップデートによって改善される予定です。

これが原因で、他のチェーンに行くという方も少なくないです。しかし、そんな中でも利用している人が多いのはイーサリアムなのも事実です。流行りに乗るという点で、イーサリアムを知るのは必須だと僕は思っています。

バイナンスコイン(BNB)について

 1.バイナンスコインは時価総額3位

2.手数料がすごく安い、取引所も使いやすい

3.ハイリスク、ハイリターンの魔界という世界に入れる?

 

バイナンスコインは、時価総額3位のコインです。現在コインの価格は約5万5千円です。

バイナンスは取引所が有名です。手数料が安く、ほとんどの主要なコインを扱っているので、利用者もとても多いです。

僕は最初「バイナンス、バイナンス」と言っているのをTwitterで見ると、取引所のことだと思っていましたが、取引所のことだったり、バイナンスコイン(BNB)のことだという事を少したってから知りました。(少しわかりづらい)

そして、名前が一緒の通り、バイナンスコイン(BNB)はバイナンスのコインであり、取引所でこのBNBを使うと手数料がさらに安くなります。

取引所は使いやすいので気になった方は検索してみてください。

このバイナンスコインの特徴としては、バイナンスチェーンの手数料がとても安いです。

イーサリアムでは安くても1000円だったのに対して、バイナンスは約100円から10円で済みます。

さらにバイナンスは扱っているコインがとても多いです。取引所もあり、手数料も安く、利用者も多いのでそのようになっています。

魔界の話

さらにバイナンスチェーンに属しているコインには、よくハイリスク、ハイリターンなコインが現れます。これを解説したいと思います。

まず、コインには、大きく分けて3つの種類があります。

1.ビットコイン・そのままビットコインのことを指す

2.アルトコイン・ビットコイン以外のコインの総称のことである。(僕は草コインはここに入らないという視点で見てます)

3.草コイン・新しくできたよくわからないコインや、昔からあるそこまで有名じゃないコイン、めちゃくちゃ上がるかもしれないし、詐欺コインの可能性も高い。

草コインで話題になるものはバイナンスチェーンに多く、よくTwitterで見かけます。めちゃくちゃ上がっていたり、詐欺だったりと見ている分には面白いです。

仮想通貨界隈では、この草コインの世界を魔界と呼び、ハイリスク、ハイリターンが好きな人はこの魔界で楽しんでいます。

ただこの魔界、ただハイリスク、ハイリターンではなく、電子ウォレットがハッキングされたり、自分のコインが盗まれたりする可能性もあるので、僕もあまり触れたことはないですが、初心者の方は、知るだけにしておいた方がいいと僕は思います。

魔界は、仮想通貨をある程度理解していないと危ない世界だと思っています。

まとめとして、バイナンスは手数料が安く、取引所もありすごく使い勝手がいいが、さらにその先に進むと魔界という世界があるので、ちゃんと調べながらやっていかないといけないと思っています。

ソラナ(SOL)について

1.ソラナは時価総額6位の通貨

2.手数料が安い

3.見やすい!使いやすい!

ソラナ(SOL)は、現在時価総額6位で、コインの価格は約2万3千円です。

ソラナは、最近勢いをつけてきたプロジェクトで、2021年7月末までコインの価格が約4千円弱でした。

なぜ「このソラナ(SOL)が勢いをつけてきたか」というのが、最近の流行りにもつながっています。

ソラナプロジェクトは今年の夏にいろいろなプロジェクトがスタートし始めました、またソラナプロジェクトが繋がっているFTXという取引所も大きな資金を集め、どんどん注目を集めました。

ソラナプロジェクトが伸びた理由はいろいろあるのですが、僕が注目したのは、NFTとブロックチェーンゲームです。

ソラナチェーンの特徴として、手数料が安く、仮想通貨の送受信のスピードが恐ろしく早いです。イーサリアムだと長いと2.3分かかりますが、ソラナは大体10秒くらいで終わります。

この特徴を生かして他のチェーンとの差を見せて、この夏に流行ったブロックチェーンゲームやNFTのプロジェクトをガンガン立ち上げて大きくお金を集め拡大していったので、この2か月で大きな伸びを見せました。

実際に僕もこのソラナはよくお世話になるのですが、各プロジェクトのサイトがとても見やすく、使いやすいと思っています。しかし懸念することが一つあります。

現在ソラナとつながっているFTXという取引所に、日本人が新規登録できないのでこのまま鳥費い出来ないと悲しいなと思っています。

しかし、FTXが使えなくても他の取引所でもSOLは買えるので、全部使用できないわけではないので安心してください。

このFTXはマーケティングが上手く、ゲームとNFTを出すときにプロゲーミングチームの命名権を買い取って宣伝することによって、ゲーマーにソラナの存在を知らしめたのがすごいなと思いました。

命名権を買い取ったチームはTSM(チームソロミッド)といって、LOL(リーグオブレジェンド)、APEX、VALORANT、CSGOといった有名ゲームのプロや配信者をまとめているチームで、圧倒的なフォロワー数と配信による人気を博しているので、命名権を買ったときは驚きました。

日本でもAPEXというゲームは流行っていて知らずにやブロックチェーンゲームの話を聞いている人もいるかもしれませんね。

まとめとしてソラナは、最近新しく大きくなってきたコインで、手数料が安く、送受信が早いチェーンをもっています。そしてゲームやNFTが有名です。各プロジェクトのサイトも見やすく慣れてしまえば初心者でも割と扱えるチェーンだと僕は思っています。

 

最終まとめ

今回は、現在の主要なコインを3つピックアップして紹介しました。すごくかみ砕いて簡単に説明しているんので雰囲気でもわかってもらえて興味を持っていただけたらと思っています。

また、今回ピックアップしたコインだけが流行りなのかというと全部そうではなく、もちろん他のチェーンのコインも面白く、大きなプロジェクトはいくつもあります。

そのなかでも特に僕がこの2か月仮想通貨のリサーチをやっていてこの3つの話題が一番多かったかなという気持ちでこの3つをピックアップしておきました。

もし、ブロックチェーンやいろいろなチェーンまたコインに興味を持っていただけたら、次は取引所の紹介や、仮想通貨を入れる電子ウォレットについてまとめようと思っているのでよかったらそちらも読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました