仮想通貨用のお財布? メタマスク 使い方 電子ウォレット

仮想通貨のお財布

 

前回までは、どこで仮想通貨を購入すればいいのかのをまとめました。今回は、その続きで購入した仮想通貨を動かしたい場合、何が必要かというところで必須になる、仮想通貨用の電子ウォレットについて解説していきます。

 

前の記事を見ていない方はこちら↓

仮想通貨を購入するときの取引所の選び方 海外と日本の取引所の違い
仮想通貨の買い方、日本と海外の取引所の違い 仮想通貨を購入したいと思った方が絶対最初に迷うのが、「どうやって買うの?」というところです。 仮想通貨を買うときは、取引所で購入しないといけません。これが最初は難し...

 

最初に思うのは、「仮想通貨を買うのですらむずかしいのに専用ウォレットってなに」ってなります。僕もなりました。

 

仮想通貨を運用する場合、この電子ウォレットがほぼ必須になります。なぜこのお財布が必要なのかを解説して、電子ウォレットの種類や作り方を紹介していきます。

 

 

仮想通貨の世界はすべてインターネット上で行われます。現金のように実態があるわけではないです。なので、仮想通貨を簡単に動かすために取引所にある仮想通貨をお財布に移動しないといけません。(銀行から現金を降ろすのと感覚は同じです)

現在仮想通貨のめんどくさいところは、このいちいち動かさないといけないところだと僕は思っています。現実世界だとクレジットカードやデビットカードなど銀行とつながっていて、勝手に引き落とされるシステムがあります。

 

仮想通貨の世界は、チェーン毎にシステムが違ったりするので、いちいち仮想通貨を移動させないといけません。その時に役立つのが仮想通貨用の電子ウォレットです。

 

チェーンに対応している電子ウォレットに仮想通貨が入っていないと運用できないことがほとんどなので、仮想通貨をする場合ここを乗り越えないといけません。

 

ここまで読んで難しいと思う方が多いと思います。ですが使ってみると慣れてくるもんで、一回使ってしまうと楽なのでここを乗り越えて使えるようになっていただけたら幸いです。

 

ここまで、チェーン毎に財布があるといって、「そんないっぱいあるのかー」と思うかもしれませんが、実際は、メタマスクという電子ウォレットを作ってしまえば、仮想通貨専用の電子ウォレットについて理解が進むのでとりあえずメタマスクを作って使ってみるというのが一番最初はおすすめです。

 

メタマスクの作り方と、使い方を解説して最後にチェーン毎の電子ウォレットを紹介したいと思います。

メタマスク(Metamask)

 

このメタマスクは、前回紹介した3つのなかのイーサリアムチェーンとバイナンスチェーンで使うことが出来るので、とりあえずこれだけ使えればある程度仮想通貨を動かせるようになります。

 

メタマスクで出来ること

 

仮想通貨を保有する

 

ウォレット内で対応している通貨であれば交換することが出来る

 

NFTなどで決済をするときに必要。

 

NFTを保管することが出来る。

 

仮想通貨の送受信が可能

 

いろいろなチェーンに対応しているので、対応しているチェーンの仮想通貨はすべて扱えるし、さらにプロジェクト側もメタマスクをつないでくださいと言われる事が多いので、必須になっています。

 

メタマスクの作り方

 

メタマスクはグーグルクロームの拡張機能なので、まずグーグルクロームを入れないといけません。

Google Chrome - Google の高速で安全なブラウザをダウンロード
新しい Google Chrome で毎日をもっと快適に。Google の最先端技術を搭載し、さらにシンプル、安全、高速になった Chrome をダウンロードしてご活用ください。

 

グーグルクロームをいれたらそのあとにメタマスクを拡張機能にダウンロードします。

 

この矢印のパズルのピースのようなところが拡張機能になっています。拡張機能をダウンロードして確認したいときはここを押します。

メタマスクの正規のリンクをここに貼っておきます。

※注意!偽物のメタマスクとかもあるのでしっかり注意して下さい!偽物を導入するとあなたのお金を全部盗まれることもあります!

実例としては、メールやTwitterやDISCORDでDMが来て偽のサイトに誘導する悪い人がいるので気を付けましょう!

MetaMask
ブラウザーにあるイーサリアム ウォレット

 

拡張機能にメタマスクをインストールします。ここをおせばインストールできます。

 

 

 

この追加を押したら先ほどの拡張機能にメタマスクがインストールされます。

 

 

 

そしてメタマスクのアカウント設定をしていきます。

最初にこの画面が↑出てくるので、ウォレットの作成を押します。

 

 

 

ここで秘密鍵(シードフレーズ)(バックアップフレーズ)というものが12の英単語で出てきます。これを使うことで、お財布のバックアップを誰でもできるようになるので、絶対に人に見せないようにしましょう。これはサンプル用に撮ったので大丈夫です。

 

※またシードフレーズと秘密鍵はしっかり保存しましょう。忘れたら自分のアカウントに入れなくなってしまうとかもあります!

 

 

 

 

そして、指示通りに最後まで行くとウォレットの設定が完了してメタマスクが使えるようになります。

 

 

※ここで注意なのですが、仮想通貨全般でいえるのですが、既存のメールアドレスとパスワードでログインみたいなシステムはなく、秘密鍵(シードフレーズ)と呼ばれるものがあります。これは人に絶対に教えてはいけないものです。

 

秘密鍵は12文字か24文字の英語の短文で出来ていて、これを使うことでバックアップが出来たり、新しいデバイスにウォレットを復元するときに使います。これがばれてしまうと、財布に入っている仮想通貨がすべて取られてしまうので保管に注意です。

 

これをしっかりと保存して、ウォレットを作ったら完成です。

 

ここに画像メタマスク送受信の応用編はこちらの記事で書いてます。

 

ブログ準備中

 

これでメタマスクの完成です。割と作るのは簡単で、応用編で使いやすさに難易度があります。

 

そして、仮想通貨ウォレットは、メタマスク以外にも種類があって、なぜかというとメタマスクもいろいろなチェーンに対応していますが、すべてのチェーンに対応しているわけではないので、対応していないチェーンのお財布は別で作らないといけません。

 

最後にチェーン毎にメインのウォレットを紹介して終わります。

 

イーサリアムチェーン メタマスク

 

バイナンスチェーン メタマスク

 

ソラナチェーン ファントムウォレット

 

ポルカドット ポルカドットJS

アバランチ メタマスクとアバランチウォレット

 

アクシーインフニティ RoninWallet

 

と少し書いただけでも多くなりましたね。基本的に最初に触るのはメタマスクで大丈夫ですが、自分の興味がでてきたプロジェクトを触るときは、最初にどこのチェーンなのか調べて、どのウォレットが対応しているかを見るとわかりやすいと思います。

 

また細かく一つづつウォレットを紹介する機会があればその時に細かくやろうと思います。

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

 

次回は、ウォレットが出来て、仮想通貨を動かしてみたいという方に分散型取引所について解説していきます。ぜひよかったら読んでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました